ふれみんのマイナーな生活

マイニングで仮想通貨を分散投資! こつこつ採掘するマイナーの皆さんを応援します

ダイソーのジョイントラックで格安リグを組む際の注意点

      2017/10/10

ダイソーのジョイントラックを使った格安リグでマイニング運用する際の注意点をまとめます。

注意点

載せられるパーツの重さはリグ全体で合計約10kgまで

一つの棚ごとに耐荷重が10kgではなく、このリグ全体に載せる部品(マザーボード、GPU、ライザーカード、電源、その他)の重さの合計が約10kgを超えないよう調整する必要があります。

PCの部品の重さは、普段自作PCを組む時にほとんど意識しない点なので注意する必要があります。

GeForce GTX 1080 や Radeon VEGA 64 などの長尺のビデオカードを複数設置する場合はもちろん、Mini ITXケースに設置できる尺が短いGPUでも、大きいヒートシンクを積んだものは重くなりがちです。

個々の部品の重さの目安は別ページにまとめる予定です。

絶縁対策をしっかりする

リグを構成する棚やポールはクロムメッキが施された金属なので導電します。マザーボードの下には柔らかいビニールシートや、最悪段ボール板でも良いのでとにかく絶縁しないと故障の原因になります。

GPUは、単体の場合はライザーカードの下にスポンジが張ってあれば通電しないので載せるだけでOKです。しかし、倒れたりドミノ崩しにならないようGPUを一まとまりにして固定する工夫が必要です。また、GPUが熱暴走しないよう、冷却効率も考えある程度の間隔(最低でも拡張スロット1つ分)を開けて設置することをお勧めします。

スイッチ類はリグ内部にしまうか、設置しない

不意に電源スイッチやリセットスイッチに触れてしまわないよう、リグが安定して動くようになったらスイッチ類は奥深くにしまうか、思い切ってスイッチは設置しないことをお勧めします。

設置しなければ、今後複数のリグを運用する際に使いまわせます。スイッチ一式は、好みのものを1組は手元に置いておきます。




スポンサーリンク

実例紹介

次の記事では、私・ふれみんが実際にこのダイソーの部品で組んだリグを紹介します。

 - マイニング・リグ